タイル目地の目的

今日弊社の優秀なエージェントから連絡が
ありました。

台所のタイルを貼るんですが
吊り戸との取り合いは、目地セメントを入れるの

ですか?と。答えは入れます
水切との取り合いは、防水と地震時の力を逃がすため

シーリングをうちます
その他タイル同士の入隅部には

シーリングをうち、割れを防止します
吊り戸に関しては、相手が木なので目地でいくのか

もしくは、公団仕様でそうなっているのか?
タイル目地の目的は、1 地震時にタイルより先に

ヒビが入り、タイルの割れを防止すること
2 表面でタイル同士を接着し、強度を出すこと

3 目地面から水が直接入らないようにすること
  防水性はありませんが

こんなことを、エージェントに説明するのは
何年ぶりだろうか?

目地一つでも、目的を考えて仕事している
エージェントを誇りに思います

仕事は目的を知らなければ、仕事ではありません
最高の質問をありがとうございます

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です