救えなかった体

私には、中学時代からよく知っている
大切な男の子がいます。やさしい男で

弟思いの本当にいい男の子です
弊社にアルバイトに来ていたこともありました

しかし、当時は私の安全意識も低く
命の大切さを教えるだけの知識・意識共にかけて

いました。そして、鳶の仕事に行きました
仕事中に鉄骨が倒れて来て、もう2度と

走ることの出来ない足になってしまいました
私は、無力で何をしてあげることも出来ませんでした

ただ、自分をひたすら責めました。どうして
安全衛生をちゃんと、教えてやれなかったのか?

彼の所属の会社を恨みました。
しかし、自問自答した時、私に、出来ることは何か?

今からでも遅くない。安全衛生を教えてあげよう
本人が興味をもつかは解りませんが、

自分の出来ることをしてあげること
自分を責めても何も変わらない

彼が、自分の人生を大切に生きるサポートを
これからはしていくことをここに誓います

色んなことに気づかせてくれて
本当にありがとうございます

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です