組織でのネガティブワード

会社に出社するなり

しんどい、風邪をひいている

辛い、きついの言葉を連発する

未熟な人がいる。

私は、一言で終わりです

帰宅して下さい。

体調整えてから、出社して下さい

宜しくお願い致します。

このパターンは、

本当に風邪を引いて辛い中頑張っている

自分を労って欲しい

体調優れない中、必死の自分をわかって

欲しい。

尊重します。そこで

そんな話を聞く人の立場を考えたこと

ありますか?

組織にとっては、必要のない言葉です

言い換えれば、

俺は辛い中頑張っているから

お前ら、私に気を使え!

こんな言葉を発していることに

本人は、気付いていないから

困ったものだ。

この問題を解決できるのは、

リフレーミングであります。

エージェント達が皆、リフレーミングを

使いこなせることを

心より願っています。

今日も勉強になりました

ありがとうございます

 

 

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です