権利と義務

皆様おはようございます
今日は、権利と義務についての

私の体験をお伝え致します
私の主観と、現実の体験の話なので

その旨をご理解下さい。
権利を強く主張する人間の特長は、

これやってもいいですか?
(基本的には、会社ではなく個人の利になるもの)

こんな事は、出来ません
そして、出来ない理由を考える事は、天才ですね

そして、義務として決まっていることは、
やらない。守らない

守らなかった時には、謝罪もせず
逆ギレします。

何で今こんな事しないと行けないのか?
口に出さずとも、行動で示します

本当に可哀想でお気の毒なのは、
そんな自分に、全く気づくことが

出来ない事。最初は怒ってくれる人や
注意してくれる人もいますが

それに対しても、逆ギレします。
自分が、ルールを守っていない事は

ほったらかしで、ルールを破るリスクさえも
理解する知性がありません。

勿論、問題が起こると
その時だけ、落ち込みます。

しかし、落ち込む事を人にPRするだけで
行動は、変えるつもりはないので

同じ失敗を繰返します。
次の段階に行くと、嘘をつきます。

若しくは、惚けます。
そして、誰にも相手にされなくなり

最終段階は、仕事なんて
片手間で、生活するためにやっているだけと

俺にはこんな趣味があってこんなにも
凄いんだ。自分で自分を自慢しだします。

ここまでくると、手遅れですね。
さあ、後は最強の保護モデルとして

頑張って生きて下さい。
私は、保護モデルの方とは

同じ空気を吸うことにも
吐き気がします。

それは、私自身が保護モデルの部分もあることと
自分のシャドーを見る事になり

気分が悪くなるからです。
権利を主張する前に、まずは義務を果たす事を

考えて見ませんか?
義務を果たし続ければ

権利は主張しなくても、ついてきます。
その事を、ご理解下さい。

いつもいい学びをありがとうございます

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です