未熟な上司の定義

未熟な上司とは?

代表例は、自分は全く出来ていない事を

部下には、強要する。

そして、自分が出来ていない事に

指摘されるまで気づかず

気づくと、部下を指導しなくなる。

上司としては、未熟な代表例ですね。

自分を守る事と、職責は全く理解してませんね。

そして、あいさつされても無視する

それで、一人前に先輩みたいな顔して

自分が部下にバカにされると怒る。

今の時代は、あいさつは、上司が先に

部下にする時代です。

部下が先とか今だに言っている方は、

環境の変化を理解出来ていないのかも

しれませんね。

成熟した上司になるには、

男の修行が必要です。(山本五十六)

そして、これからは成熟した上司を

育ててあげる事も部下の大切な

ミッションでもあります。

私も成熟した上司を目指して

まずは、気づく、知る、上手くやるの

プロセスを積み重ねていきます。

いつも、多くの学びに感謝します

ありがとうございます

 

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です