保護モデルの育て方

最近私の中でのマイブームの

保護モデル。

このモデルを社会に出ての育て方をお伝えします。

このやり方と違うやり方をすれば

保護モデルは、減るでしょう。

ポイントは、3つです

言いたいことを言わせる。

(空気読めなくなり、大勢の人の前では沈黙します)

上司から部下へ報告を求める

(自ら報告しなくなります。)

怒る

意志・判断力はなくなり

怒られない為に、何も行動しなくなります。

ではどうするか?

言いたい事を社内では言わせないようにする。

愚痴・文句・ネガティブ用語・悪口等

報告は自らできるように支援する。

徹底的に管理して、忘れていないか?

言いにくい報告はないか?

質問ではなくて、問いかける。

怒らない。

聞くだけ。そして、責任を自らとってもらう。

保護モデルは、ほぼイコール

セルフイメージは、限りなく低い

どうせ、俺の人生なんてこんなもんだ

後は、過保護に育てられている場合が

多い。

これから、社会にどんどん

保護モデルが増える。

他の現状維持や、自己成長に

多大な迷惑をかけていることすら

気づかない。

保護モデル→現状維持モデルにするところが、スタートです。

今日に感謝します。

ありがとうございます

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です