中災防の仲間

今日は、中央労働災害防止協会(以下中災防)の仲間で、博多の造船業の私の師が関西に来てくれました
安全衛生担当者研修の時、まだ右も左も解らない私を、色々とご指導して頂いた

私の師匠の一人です。造船業の酸欠の話・熱中症対策の話・暗い場所での誘導の仕方など
経験に基づくご指導を頂き本当に勉強になりました

私の師匠が関西に来た理由は中災防大阪教育センターで、新入者安全衛生教育トレーナーを受講するためです
私も去年この講座を受講し得るモノは本当に多かったです

新入者に何を教えるか?答えは、安全意識と安全知識であります
まず集合教育でそれを教えて、現場に渡すことが重要と私は思います

M師匠の意見は、目的を教えるとのことでした
目的が解らずやることは、作業であり仕事ではありません

何のためにこの仕事をしてるのか?
何のための安全衛生か?

二つ目の答えは、自分の命を守るための安全衛生です
自分の人生より大事なものはありません

皆さん安全衛生はまず、自分の無知を知るところから始まります
安全衛生を学びたい=自分の人生を守る知識の欲しい方は、いつでも当社に連絡下さい

M師匠また再会できることを楽しみにしてます

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です