司法を問う

建設業をしていると、お客様の未払いは
よく耳にします。

そして、その事により紛争が起こっても
弁護士の先生に依頼すると、

着手金が約30万以下
その他、裁判に出廷が3万プラス経費全額

そして、回収できた金額の20%程度の報酬
弊社のような小さい会社であると

例えば200万位の工事であれば
裁判のための準備や、そんなことを

沢山やって、回収できる金額は約50%
赤字を減らすして、弁護士の売上に協力するか

その仕事を捨てて、その時間を使い別の仕事で
利益をあげるか?

多くの小さい会社は、別の仕事を選ぶ
何故ならば、裁判で勝っても自己破産など

逃げ道は沢山ある。
結論は、そんな怪しいお客様は、

最初から断る勇気を持つことも
大切であると思います

しかし、弁護士と言う職業で
社会貢献する方法は、

講師をする以外には見当たらない
裁判をすれば、片方を泣かして、もう一方からも

報酬を得る、そのことで、利益を得るのは
弁護士の1人勝ちである

社会貢献出来ない商売は、この世から消える
貸金業撲滅や、残業回収など

こんなことが、社会に貢献しているとは
私は思わない

これから、弁護士の需要はもっとなくなり
医者などの、社会貢献できる商売が

日本で力を持ってくれることを
心より願います

エージェント募集中!

岡田設計はあなたの培われてきた高い技術力を求めています。弊社は100を超える資格を保有しており、仕事を通してこれらの資格取得も可能です。

私たちと一緒に、エキサイティングな仕事をしてみませんか?詳しくはこちらをご覧ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です